視線

  • 2018.01.25 Thursday
  • 12:33

私は写真と鏡が苦手な自分を正視することができない臆病者だ。

或は、思い上がっていて本当の自分をみとめることをしない

頑固者。

 

何れにせよ、カメラからは逃げまくり、化粧さえなるべく自分に

視線を合わせないで済ませたりしている。

 

それなのに・・・

 

今回、広告のトップページに載らなくてはならない事態に!

いつも若いスタッフに押し付けてきたのだが、全員に拒否され、

せっかくの機会を断ってしまうのは商売人として失格だ。

しかし、こんな年寄りが「春のおススメアクセサリー」と言って

にっこり笑った写真を世間の人はどう思うだろう。

『私が証明です』と開き直る事など到底できない(笑)

・・・・ひたすら憂鬱・・・・。

 

それでも、たった一枚「女優かも♪」とこっそりうぬぼれている

写真がある。

それは30年も前、当時5歳の息子がインスタントカメラで旅行先の

私を撮ったもの。(沖縄だったか・・・)

息子のカメラ越しの『視線』に向けて送っている私の『視線』には

ただ、ただ、自然な優しさしかない。

 

あんな表情が残るのならば写真も悪くないと(無理矢理→)思う。

どなたか遺影用に一枚、ベテラン女優のような穏やかな視線の

優しい笑顔の写真を撮っていただけないだろうか?

 

(あ!葬式やらない予定だった💦)

 

 

アクセサリーショップ「pourtoi bis」オーナーきくみ  

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.09.24 Monday
  • 12:33
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM