スポンサーサイト

  • 2018.02.03 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    視線

    • 2018.01.25 Thursday
    • 12:33

    私は写真と鏡が苦手な自分を正視することができない臆病者だ。

    或は、思い上がっていて本当の自分をみとめることをしない

    頑固者。

     

    何れにせよ、カメラからは逃げまくり、化粧さえなるべく自分に

    視線を合わせないで済ませたりしている。

     

    それなのに・・・

     

    今回、広告のトップページに載らなくてはならない事態に!

    いつも若いスタッフに押し付けてきたのだが、全員に拒否され、

    せっかくの機会を断ってしまうのは商売人として失格だ。

    しかし、こんな年寄りが「春のおススメアクセサリー」と言って

    にっこり笑った写真を世間の人はどう思うだろう。

    『私が証明です』と開き直る事など到底できない(笑)

    ・・・・ひたすら憂鬱・・・・。

     

    それでも、たった一枚「女優かも♪」とこっそりうぬぼれている

    写真がある。

    それは30年も前、当時5歳の息子がインスタントカメラで旅行先の

    私を撮ったもの。(沖縄だったか・・・)

    息子のカメラ越しの『視線』に向けて送っている私の『視線』には

    ただ、ただ、自然な優しさしかない。

     

    あんな表情が残るのならば写真も悪くないと(無理矢理→)思う。

    どなたか遺影用に一枚、ベテラン女優のような穏やかな視線の

    優しい笑顔の写真を撮っていただけないだろうか?

     

    (あ!葬式やらない予定だった💦)

     

     

    アクセサリーショップ「pourtoi bis」オーナーきくみ  

     

     

     

     

     

    新幹線好き2

    • 2018.01.23 Tuesday
    • 18:09

    怪我で旅行をキャンセルした時、最も悲しかったのは、新幹線の指定券

    を払い戻す時だった。

    4種類の新幹線を躊躇なく乗り継ぐ贅沢は大人の休日倶楽部パスの期間

    ならではで、次までは6か月ほど待たねばならない。

     

    新幹線は美しい。

    それは「機能を追求したらうっかり美しくなってしまいました」

    と言わんばかりの、謙虚で、上品で、清々しい美しさだ。

    (日本の工業製品にはそういったものがたくさんある)

     

    新幹線の入線を見る時、いつも思う。

    こんなアクセサリーを作れたらと。

     

    しかし装飾品は「機能」の対極に位置するものだ。

     

    「○○を追求したらうっかり素敵になってしまいました」の○○をうめる言葉が

    ・・・・・見つからない。

     

    見つかったとしてそれが万人に受け入れられる保証はない。

    それでは商売人として失格だ。

     

    まあ、芸術家でもあるまいし「追求」などと言う言葉さえおこがましいけれど

    長年のモヤモヤをここでつぶやくくらいは許してもらおう♪

     

     

    アクセサリーショップ「pourtoi bis」オーナーきくみ  キュービック&カットカラーストーンネックレス(寒色系)

     

     

     

     

     

     

    ポジティブ

    • 2018.01.01 Monday
    • 11:26

    「『根性のない変わり者』というめんどくさい人生を歩んでいる私にとって、

    一人旅は自由と寛ぎを与えてくれる数少ない機会だ。

     

    もうひと頑張りで『自由とくつろぎが待っている』とばかり年末年始ほとんど

    休みなく働き、三か月前に宿をとり、一か月前に切符を買い、荷物を軽くする

    ために洗顔フォームと化粧水の量を微調整し着々と(ちまちまと)準備を進め、

    旅行まであと二週間となった日、

    しゃがんだ状態からしりもちをついただけでじん帯を二本もやってしまった。

    紫色に腫れ上がる足首を眺めつつキャンセル手続きをし、

    3日休んで足をひきずりつつ仕事に復帰。

     

    だが、数日前スタッフがインフルエンザにかかってしまいどちらに

    せよ旅行の中止は免れなかったことが判明。

    よかった!もしこの時点の中止ならキャンセル料がかかることになったし、

    なによりキャンセルの理由が自分のせいだったのは

    精神の安定のためには素晴らしいこと。

    私ってついてる!!

     

    しかも旅の予定だった場所は数年に一度の寒波らしい。

    評判の海辺の露天風呂も入れないだろうし、

    遅延やトラブルに巻き込まれたかもしれない。

    そう、『私はとても運がいい』」。

     

    と思うことにした。😿

     

     

     

     

    アクセサリーショップ「pourtoi bis」オーナーきくみ   

     

     

     

     

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << March 2018 >>

    selected entries

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM